わたしたち、マルシェで結婚しました

結婚レポートの記事一覧

6.3川原神社・八勝館

皆さん、こんにちは

9月に入り、秋の婚礼シーズンも迫っています。

ウエディングマルシェでは和婚が多いせいか、秋を好まれる新郎新婦様が多い傾向にありますが、本日は6月3日に挙げられたおふたりを戸田よりお伝え致します。

こちらが本日ご紹介する主役のおふたり、よしかずさんとちかこさんです

今年の春は季節が早く進んでいたので、担当者としては梅雨の心配がありましたがおふたりのパワーで当日はこの通り

 

 おふたりとも和装姿がよくお似合いです

ロケーション撮影をした後は花嫁行列で参進しました。

おっと、挙式会場をお伝えしていませんでしたが、大人気の「川原神社」です。

自然光が入り明るくて天井絵も綺麗。そして宮司さんをはじめ皆さん女性なのでとてもアットホームな雰囲気の神社さんです

 

 

 

 挙式を結び披露宴会場「八勝館」に移動、川原神社からは車で10分ほどです。

「八勝館」は本門をくぐるとそこには全く違う世界が広がっていて、初めて伺った時には相当びっくりして緊張しました

そしてお庭の美しさに感動しましたが、その感動は毎回やってきます。

いろんな季節に伺ってもその時その時の美しさがあります

さあ、そんなお庭で到着されたおふたりはロケーション撮影です。

よーく見るとちかこさんのかんざしがチェンジしてます♫

すてきなお写真がたくさんあるのですがその中から3枚程…(あーーーしぼるのが難しかったーーー(-_-;))

 

 おふたりが写真撮影をされている頃、ゲストの皆様は神社から到着され受付を済ませ、有名な「御幸の間」で呈茶で寛いで頂きました

この写真はお庭側から「御幸の間」を見た景色です。この「御幸の間」からの眺めはもう本当に格別です

「御幸の間」空の景観と呈茶をお楽しみ頂いた後、皆様には披露宴会場の大広間へ移動していただきました。

新郎新婦のおふたりが入場される前の大広間はざわざわと賑やかです

 

 お待たせしました。おふたりの入場です。

そしてご両親と一緒に鏡開き

乾杯の後はおふたりは鏡開きをした樽酒を皆様にふるまって回られました。

 

 

ここで皆様もびっくりされた手作りのウエルカムグッズをご紹介します。

左が全体図のお写真です。Welcomeの文字のところに黒い電車が居るのが解りますか?

この電車、動くのです。そして中央には神社があるのですがその部分を大きく写しているのが右の写真です。

これ、なんと新郎様がメインとなって作成されたものなのです。

奥の方にはこんもりとした山があってトンネルになっています。

細かい作業だったと思いますが、皆様に喜んでみて頂きたいという想いに溢れていますよね

 

 

再入場のシーンです。

和太鼓の音が鳴り始め、皆様が「なに?なに?」とザワザワしはじめたところに

舞台の緞帳が上がりおふたりに姿が見えました。

ちかこさんは色打掛と洋髪姿にお色直しされています

そのままの続きで和太鼓のパフォーマンスが2曲程演奏されました。

ちかこさんの弟様がこのチームに所属されていてこの日は皆様に披露となりました。

各地のイベントなどで活動されているそうで、躍動的なパフォーマンスに皆様感動されているようでした。

というか私たちスタッフも見とれる?聴きほれる?腕の筋肉に惚れる?していました(笑)

このほかにもピアノの演奏があったり、サプライズのパフォーマンスがあったりしましたが、ご紹介しきれません(-_-;)

あっという間に結びのお時間を迎えました。

後方でよしかずさんのお父様に続き、よしかずさんの謝辞。

謝辞の後皆様のお席の周りをひとまわりしておふたりの退場です。

お見送りをされてほっと一息のおふたり

ゲストの皆様は素晴らしい料亭で美味しいお料理といろんな演出で楽しんで頂き、おふたりのおもてなしを十分感じて頂いたことと思います。

おふたりにとってもずーっと後になってからも佳い日だったと思っていただけると嬉しいなあと思います。

よしかずさん・ちかこさんこれからも仲良くお幸せにお過ごしくださいね

 

和やかな家族婚

皆さん、こんにちは(^^)

秋のお洋服、ハロウィン用のディスプレイ用品、夜には虫の音…

あちらこちらで秋を思わせるものを目にしたり耳にしたりするようになりました

朝夕は涼しさを感じるようになりましたので体調管理にお気をつけくださいね~

さて本日は5月12日の家族婚の様子をご紹介致します。

本日ご紹介する新郎新婦様は、以前に前撮りの様子もご紹介しています。

狙ったわけでもないのに前撮りの時も桜が満開で、風も無く晴天の最高のお天気

挙式当日もこの通り

挙式はこのブログでもおなじみの川原神社さんで

ご家族様のみのご列席で行われました。

式後の食事会は「料理旅館 わたなべ」にて

川原神社からは車で10分程度、送迎バスのご用意もあり便利です。

 

ご家族のみではありますが、皆様楽しんでいただきたいと色々な事を新郎新婦様はご準備されました。

演出もケーキではなくお饅頭に入刀

周りに飾っているウサギの子饅頭はおひらきの時に紅白セットにして皆様に配られました

夫婦鯛も登場してお披露目の後、皆様に取分けて配られました

 

鯛登場の後は新郎様の生ナビゲーションで前撮りのスライドショーを行いました。(後方の白いクロスの中に縮めたスクリーンがあります。)

六華苑の風情ある雰囲気と桜満開の中のおふたりのお写真に、三人姉妹のお嬢さん方(新郎様の姪御さん)はきっと憧れになったのでは・・・?と思います

その後エンディングの前にビンゴゲームを行い、皆様には景品をゲットしていただきました

ご家族のみですが皆様とっても楽しんでいただき、

おふたりのおもてなしの想いが皆様に届いたと思います!(^^)!

アットホームで和やかな一日にスタッフサイドの私たちまで幸せな気持ちになったステキな一日でした

ひな祭りにちなんだ披露宴 

先日の掲載と季節が逆になってしまいましたが、本日は3月3日の料亭「香楽」での披露宴のお料理をご紹介致します(^^)

この日の新郎新婦様は「川原神社」で神前式、その後こちら料亭「香楽」で披露宴を挙げられました。

3月3日というとひな祭り当日ですよね。香楽では前後1ヶ月ぐらいはこのようにお雛様が飾られます。(このお隣のお部屋もこんな感じ。)

貴重なお雛様もございまして、日本に3体しか存在しないお雛様もいらっしゃいます。(その内の1体は皇室の方が所有されているそうです。)

神社から到着された皆様は桜湯で一息入れて頂き、その後このお雛様を鑑賞して披露宴会場のお部屋へとお進み頂きました。

皆様が入場される前の会場です。

開宴して白酒で乾杯

そしてこの日の向付

御碗

お造り

八寸

焼物

煮物

こちらは新郎新婦様による、お饅頭入刀

入刀されたお饅頭の中には子饅頭が

周りの紅白ウサギ子饅頭はお見送りの際のプチギフトに

 

御飯はお赤飯とお吸い物・香の物でしたが、お写真がなくて<(_ _)>

水菓子は季節のフルーツのゼリー寄せ

 

そしてこの日は和菓子ブッフェもありました。びょうぶの前に新郎新婦様がお立ちになり、自らゲストに取分けてサービスされました

フルーツの後に和菓子とお抹茶でゲストの皆様も大満足のご様子

意外と男性の方がこの和菓子には喜ばれた気がしました(*^^)v

 このようにひな祭りというテーマがあったこと、お料理重視という新郎新婦様の意向、会場選びも全てがピッタリだった佳き日でした

新郎新婦様、末永くお幸せに

 

 

佳き日のおもてなし

皆様、こんにちは(^^)

明日から8月、暑さのピークももうしばらくでしょうか・・・

さて本日は6月末のある日の婚礼のお料理をご紹介致します。

こちらは主税町にある、料亭「香楽」

老舗の料亭のかもしだす雰囲気は華美ではなくすべてが本物という感じがします。

ちなみにこのお写真に写っている井戸ですが、名古屋城に続いていると言われています。(この辺りは武家屋敷が多く、街並み保存地区にも指定されている)

 

 

6月末のある日の婚礼のお料理の「向付」

鯛の昆布締め・焼き茄子・車海老 アスパラとお野菜のゼリーかけ

 

「御碗」

はもと白ダツ葛よせ

「お造り」

いさき・すずき・いか

「休」

帆立と新生姜の飯蒸し(お写真がありません<(_ _)>)

「八寸」

季節の珍味八寸盛り

 

「焼物」

稚鮎の笹焼き

「煮物」

蒸し鮑・冬瓜・小芋 一寸豆に銀あんをかけて冷製で

「御飯」

お赤飯・吸い物・香の物(お写真がありません。<(_ _)>)

「水菓子」

季節のくだものゼリー寄せ

 いかがでしたか?見た目にも涼しげで美しいでしょう?

外国のゲストもいらっしゃいましたが、とっても喜んでいらっしゃいました。

お味はもちろん

これから婚礼をお考えで、お料理重視の新郎新婦様、是非是非ご検討されてみませんか?

4月8日 川原神社・神楽家

 

 

皆さんこんにちは(^^)

しきりに「平成最後の夏・・・」という言葉をテレビなどで耳にしますが、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

さて本日は4月8日に神前式と披露宴を挙げられたおふたりをご紹介致します。

弊社は和の婚礼を設立当時から得意としているせいか、年間を通して国際結婚のお手伝いをする機会が結構あります。

国際結婚だからこそ和の婚礼でと思われる方が多いからだと思います。

本日ご紹介するおふたりも新郎様はスコットランドのご出身、新婦様は愛知県のご出身という国際結婚です

 

挙式会場はこちら「川原神社」

朝から神社にてお支度をされ、ご準備が整ったおふたりは境内で写真撮影中です

 

こちらが本日の主役、ジェームスさん&ユウコさんです

おふたりともとてもよくお似合いですそしてユウコさんを見つめるジェームスさんの瞳がとても優しいこと

ユウコさん「皆さん無事に揃ったかしら・・・」ジェームスさん「大丈夫だと思うよ。なんとかなるさ~」なんていう会話なのでしょうか

というのは、この日の為に海を越えて駆けつけてくださった方々がたくさんいらっしゃったからです。

大丈夫ですよ~皆様問題なく到着されました(^^)

 

さあ、花嫁行列で参進して開式です。

ジェームスさん、やや緊張の面持ち(左)・ジェームスさんのお母様は留袖の初体験をされたのですよ。とてもよくお似合いでした。(右)

 

雅楽の生演奏と巫女さんの舞、海外からの皆様は興味深げにしていらっしゃいました。(左)両家お父様による「玉串奉天」(右)

 

ユウコさんのお母様が折ってくださった、たくさんの折鶴で「折鶴シャワー」(左)折鶴シャワーのラストにお母様からおふたりにビッグ折鶴のプレゼント(右)

皆さんで集合写真(左)両家ご家族写真(右)いい記念写真ですね~~~

 

 

ここからは披露宴の様子

披露宴はテレビ塔近くの「旬彩 神楽家」

昭和の初期に建てられ小唄の先生がお稽古処兼住居にされていたというお屋敷はお庭からの自然光が入り、皆様もとても気に入られたご様子。

右側の写真に写っているウエルカムベアはユウコさんのお母様の手作り。とても優しいお顔です

 

 

実はおふたりはドイツで出会われて、現在もドイツ在住。その為打合せの一部もお母様とさせて頂いたりしました。

そのように全面的にサポートをしてくださったユウコさんのお母様、そして朝から穏やかなまなざしで見守っていらっしゃったお父様、そのおふたりと一緒にユウコさんは中座されました

 

華やかな色打掛にお色直しされて再入場されたあとはおふたりでケーキ入刀

ファーストバイト。たくさんのカメラマンのかたが・・・

 

おふたりの前身写真を撮っていたら、ご友人のお子様も登場。かわいい坊やでしょ

高砂席で仲のよろしいおふたりのご様子

 

とても和やかに進んだ宴も結びの時を迎えました。

おふたりからご両親に記念品の贈呈があり、その後両家のお父様からご挨拶、そしてジェームスさんからもご挨拶がありました。

ジェームスさんからのご挨拶はご家族や皆様への感謝とこれからへの決意、ユウコさんへのメッセージもあり、とても感動的でした。

(また、今日の日に携わったカメラマン・美容師・フローリスト・神楽家の方々・私共スタッフにも名前をあげてねぎらいの言葉を頂きました。こちらこそおふたりの記念日にお手伝いをさせて頂いたことに感謝致します。)

 

 

 

お開き後ちょっと一息のおふたり。いいなあ~~~

優しくて穏やかなジェームスさん、明るくて天真爛漫なユウコさん、これからも仲良くおふたりらしい未来を築いていかれると思います。

末永くお幸せに

 

 

 

4月1日 川原神社・神楽家

皆さんこんにちは(*^^)v

今年は季節が進むのが少々早いと言われていましたが、桜も少し早かったですよね~

本日は今年4月1日に神前式と披露宴を挙げられたダイキさん・サチエさんの一日をご紹介しますが、桜がまだ残っていましたー

それはこちら、川原神社です。

 

お支度が整いおふたりはロケーション撮影中

うららかな春の日差しの中、おふたりにも自然とほほえみがこぼれます

 

 

サチエさんは角隠しに付け替えて挙式に臨まれました。

挙式の際は綿帽子か角隠しかと質問を頂く事があるのですが、決まりはないので挙式の際は花嫁様のお好みで構いません。

挙式中の様子、自然光が入り天井絵も美しいです。

 

 

こちらは披露宴会場の「旬彩 神楽家」

挙式を結びこちらに到着され、サチエさんは色打掛にお色直しをされました。

白無垢姿もお似合いでしたが、この色打掛はサチエさんが一目ぼれされたというだけに本当によくお似合いでかわいかったです

 開宴しました。

 「旬彩 神楽家」ではお一人お一人のコース料理の他に、テーブルのところどころにこのように姿造りが出されます。

ゲストの皆様の「おーーーっ\()^o^()/!」というお声を聴ける瞬間です(*^^)v

 

和の会場に合せてお饅頭入刀

 そしてお饅頭でファーストバイト

おふたりに合せて皆様やスタッフも「あーーーん」とお口がポカンと開いています

 

 

ダイキさんからサチエさんへのサプライズ

サチエさんは「えっ?なに?何が始まるの?」という感じでした。

サプライズはダイキさんがサチエさんへのお手紙を読まれて、ご自身で手作りされたつまみ細工のかんざしをプレゼントされたのでした。

発想もすごいですが作れるというのもすばらしいですよね~(*^^)v

 

色合いも色打掛や生花のヘア飾りともピッタリでした。かわいいーーー

 

 

サチエさんのお父様は当初より披露宴の結びの新婦からのお手紙というのは泣いてしまうからやめてほしいとのリクエストがあっていたそうです。

でもサチエさんはやはり感謝の気持ちをどうしても伝えたいとお読みになりました。

(スタッフである側としては失格ですがこのシーンではどうしても感動のオーバーフローを隠すのにたいへんな私)

 

披露宴後、皆様をお見送りされたおふたりはこの笑顔

いつも穏やかなおふたりはきっと平和で明るい家庭を築いていかれることと思います。ダイキさん・サチエさん、末永くお幸せに

 

 

ホテルウエディング

皆さんこんにちは(*^^)v

六月も残り少なくなってきました。七月に入るとあっという間に梅雨明けして夏本番がやってきます

ウエディングマルシェでお手伝いしているご婚礼では神社での挙式も多く、常にお天気と気候が気になります。

お天気と気候だけはどうしようも無く、またたとえ雨天や暑い寒いなどがあってもそれまそれで思い出にもなります。

ただ、そういう心配はしたくないという新郎新婦様にお薦めなのがホテルウエディング。

本日は以前に前撮りの様子をご紹介したヒロキさん・ユウキさんの婚礼当日のご様子をご紹介します。

こちらは「名古屋東急ホテル」の一階のフロア。

おふたりは通常はラウンジとして利用されているフロアでキリスト教式を挙げられました。右手側には小編成の管弦楽アンサンブルが入り、生演奏の中執り行われました。

宿泊や食事でホテルに居合わせた方々も食い入るようにご覧になってました。

天井が高いので生演奏もよく響き、ビジュアル的な美しさと聴覚を刺激するお式はとても感度的でした

 

 

 

こちらは挙式後ゲストの皆様がお入りになる直前の披露宴会場内。

 

おふたりのご入場です。

後方からのアングル

高砂席からのアングル

こちらは披露宴を無事に結ばれた後のおふたり。「お疲れ様でした♡」とお互いをねぎらっていらっしゃるようなお写真ですね

感動の結婚式とまさに「華燭の典」という言葉がぴったりの華やかで盛大な披露宴でした。これからも仲良く末永くお幸せにお過ごしください

 

国際結婚 川原神社での神前式

皆さんこんにちは(*^^)v

梅雨の晴れ間の土曜日をいかがお過ごしでしょうか?

ウエディングマルシェでは国際結婚のお手伝いをする機会がよくあります。本日ご紹介する新郎新婦様もそんなおふたり。

4月29日、ここはおなじみの川原神社

ネイサンさんとコトエさんのお支度が整い写真撮影中です。

挙式の前にコトエさんは色打掛をお召しになりました。赤い色打掛がとてもよくお似合いです

ネイサンさんも初めてお召しにあるとは思えないほどぴったりです

 

 

次にコトエさんは白無垢にチェンジされてまたまた撮影。

おふたりともいい笑顔です)^o^(

川原神社は撮影スポットがたくさんあるのでロケーション撮影に最適です。

 

 

コトエさんは角隠しから綿帽子に替えて皆様と一緒に花嫁行列で参進

 

 

夫婦固めの盃は三三九度で

 

指輪の儀(新郎から新婦へ)

 

雅楽の生演奏による巫女の舞にはネイサンさんのご家族をはじめ外国籍の方々は大変興味深そうにされていました

 

挙式の結びの「撤饌」・・・司式者である宮司さんからのお祝いの言葉

川原神社の宮司さんは女性のかたで、とても温かいお人柄。ネイサンさんのお母様とハグハグ

 

 

 

おふたりはこのあと神社で洋装にチェンジされてパーティー会場に向かわれました。パーテイーでのお写真もちょっとだけ(*^^)v

ネイサンさん・コトエさん、これからも仲良くお幸せに

前撮り

皆さん、こんにちは。紫陽花のお花が目を楽しませてくれる季節となりましたね。

さて、本日は季節をずいぶんさかのぼりますが、昨年10月26日の婚礼前撮りの様子をご紹介致します(^^)

こちらが本日の主役、ヒロキさん・ユウキさんです。まるでモデル撮影のようですが実際に婚礼をひかえた新郎新婦様です

そしてここは長久手の「モリコロパーク」です。

午前9:00おふたりが和装姿で到着されました。「さつきとメイの家」の少し手前の「香流亭」という和の建物があるのですが、そのあたりでまずは撮影です。

 

「香流亭」の中です。ひ「としきり撮影の後お部屋に入りヘアスタイルを洋髪からかつらにチェンジされました。

角隠しでの撮影の後は花かんざしに替えてさらに撮影

 

ここからは洋装姿です。かつら由美のすてきなカラードレスにチェンジされました。ヒロキさんはドレスの裾を持ってエスコート

 

カラードレス用のブーケはユウキさんのお母様が生花で作成されたもの。ドレスの雰囲気にぴったりでした

お天気にも恵まれて最高

13:00「モリコロパーク」での撮影を終えて移動開始

次の会場は東区の「市政資料館」

到着後ユウキさんはお色直しへ

ユウキさんの仕上がりまでの時間にヒロキさんのお1人のお写真も

かっこいいー

 

ユウキさんの次の衣装はウエディングドレス

こちらもかつら由美ブランド。長いトレーンとベールがとても素敵です

 

 

ウエディングドレス用のブーケはユウキさんがイメージを伝えて弊社のフローリストが作成

カサブランカのブーケはたまにありますが、ユウキさんは鉄砲百合をメインにされました。ゴージャスだけど清楚なブーケでユウキさんのセンスが光ります

16:30撮影終了

朝早くからおふたりもお疲れになったと思いますがよいお写真がたくさん撮れました(^^)

ヒロキさんユウキさんは年が明けて3月に結婚式・披露宴を挙げられました。

次回はその様子をご紹介しますのでお楽しみに~(*^^)v

 

3月29日六華苑

皆さん、こんにちは(^^)

今年の春は気候に翻弄されていますが皆さん体調はいかがですか?

本日はそんな気まぐれな天候がまるで本日ご紹介するおふたりの為に微笑んでくれたようなラッキーな新郎新婦様の前撮りの様子をご紹介致します。

3月29日ここは桑名市の六華苑のすぐ前の堤防沿いです。

ご覧ください見事に桜が満開の中、新郎新婦様のお姿もひときわ美しいです

 

おふたりはどうしても桜の頃に前撮りをしたいという強いご希望も無く、狙ったわけでもなく、ふわっとお日にちをお決めになったのが良かったのでしょうか

桜は満開、ぽかぽか暖かく、風も無い晴天・・・こんな前撮りはめったにないです。(おふたりも六華苑で前撮りをと希望されましたが、六華苑のすぐ目の前に桜並木があることすらご存じではなくびっくりされていました。)(^^)

この日のカメラマンはイケメンカメラマンの柴田さん。(左端と右端)こんな感じでおふたりを撮影しているところを私が後ろから撮ったカットです。)

おふたりの緊張とテレを上手に解きほぐしながら撮影が始まりました

この陽気に普段よりこの堤防にもお散歩やお弁当を広げている人もちらほら

「おめでとうございます。」とか「お幸せに。」とか声をかけてくださるかたもいらっしゃって、そんな中小さな女の子がはずかしそうに近づいてきてタンポポのお花を摘んで新婦様にプレゼントしてくれました

新婦様は泣いてしまいそうなくらい嬉しかったそうです(^^)

女の子も小さいながら記憶に深く残られているのではないでしょうか。

堤防沿いを撮り終えて六華苑の中にはいりました。

六華苑は洋館と和館が並んで建てられていて、前撮りにはとてもお勧めです。

和館で撮る洋装姿もいいですね

 

和館から広いお庭に出て・・・

新郎様、跳びました

体が重くて跳べませんが跳びたくなる気持ち、私もわかります(^^)

 

 

続きまして新婦様がカラードレスにチェンジされて撮影

ここは一体どこかしら・・・?という感じの優しい自然光が差し込む中美しい写真をたくさん撮ることができました

 

再び洋館の館内へ

右のお写真はドレッサー(鏡)にご注目

おふたりは5月に和装で神前式と食事会をされますが、このように前撮りをされるとより一層当日に向けての気持ちも高まりますよね。

前撮り、お勧めです

 

あら~いつの間にカメラマンの柴田さん、そんなところからレンズを構えていますよ

 

こうして春の佳き日の前撮りは結びました。

おふたりから「とっても楽しかった。」というお言葉やスタッフ一同にねぎらいのお言葉もたくさんいただき本当にありがとうございました<(_ _)>

5月の当日もどうぞよろしくお願い致します