わたしたち、マルシェで結婚しました

2013年1月の記事一覧

24年12月22日 川原神社

皆さん こんにちは

寒い日が続いていますがお元気ですか?

こんな寒い日には とても心が温まるアットホームな婚礼の様子を原田よりご紹介致します。

 

 

さてこのお写真はというと、左側は新婦様のお父様。右側は新郎様。

場所は川原神社の調理室。

実はこの日の新郎新婦様は、川原神社で神前式の後、神社の大広間で食事会をされたのです

この時間 新婦のミホさんはお支度中。

新郎ノブヒコさんはウエディングケーキを作っていらっしゃるミホさんのお父様のお手伝い

 

このウエディングケーキは、お父様焼かれたパンケーキの間にリンゴのバターシロップ煮(お父様お手製)やいちごをサンドして、生クリームと小豆餡も入りミルフィーユのように積み重ねて完成していきました

 

お料理も仕込み中です

こちらの女性お2人は、わざわざこの日の為に京都からお出かけいただいた、ミホさんのご友人です。

 

 

 

ノブヒコさん・ミホさんのお支度も整いました

先ほどまでの雨が上がりました「やったーあがったよ

 

 

 

 

ほら、日が差してきました

このあと花嫁行列で参進して挙式がはじまりました。

 

ゲストの皆様が出られた後の大広間では、食事会のセッティングを一斉に始めました。

テーブルを並べお皿やグラス・お箸をセット。ここに出来たばかりのお料理が次々にのっていきます。

1時間足らずの限られた時間です。急げ急げ

勲碧さんの鏡開きも準備がととのったようですよかったー

 

 

 

テーブルセッティングが終わった頃挙式も結び、集合写真を撮らせていただきました

お二人はもちろん、参列された皆様も本当にいい笑顔です

 

 

 

ミホさんが色打掛にお色直しをされた後、食事会が始まりました

原田は進行役を行っていた為、入場や鏡開き・乾杯・ケーキ入刀などの肝心なシーンのお写真が撮れていなくて残念です

 

お料理はご友人の手作りのほかに、ノブヒコさん・ミホさんの行きつけのカフェからも手配されましたので、かなりリッチな感じに

 

オカリナならぬ竹リナを演奏されているのはミホさんのお父様

ミホさんのご友人のフルートとデュエットやさしい音色でした

 

 

ご友人が作成されたおふたりの生い立ちの映像を、皆様で鑑賞中

 

 

結びにおふたりからはお礼の言葉と歌とウクレレの演奏がありました

「なんとなーく しあわせー」最後は皆様も合唱でした

心温まるすてきな一日でした

皆様からの愛情や友情にあふれ、おふたりはこれからも健やかに伸びやかに、幸せにお過ごしください

 

 

 

 

 

平成24年10月13日 川原神社・八勝館

皆さん 寒い日が続いておりますがいかがお過ごしですか?

風邪やインフルエンザが流行っているようですよ

というのも実はウエディングマルシェのプランナー吉浦もインフルエンザにかかってしまったのです

スタッフの中で一番の元気者で、インフルエンザも風邪も寄り付かないようにみえるのですが意外にデリケートなんですよ

まあ最近体重が増えたことを気にしていましたので、数日後にはちょっとスリムになった吉浦に期待しています

皆さんもかからないように予防してくださいね

 

さて本日は昨年10月13日に神前式と披露宴を挙げられたミツトモさん・ミキコさんを原田よりご紹介致します。

挙式会場は大人気の川原神社

ミキコさんは最初に角隠し姿でお写真を撮り、その後挙式の前に綿帽子に替えました。

 

 

挙式中です。雅楽の生演奏と巫女さんの舞に列席者の皆さんも真剣に観入っていらっしゃいます

 

新婦のミキコさんはこの日の為にいろいろな物を手作りされました。

まずはその中の1つ、リングピロー。

ご自身で編んだミサンガがあしらわれています

 

 

 

 

めでたく挙式を結び、こちら披露宴会場は「八勝館」です。

まずはお二人で鏡開き。

「よいしょ」という皆さんの掛け声と共に開きました

 

鏡開き後は、その樽酒で「かんぱーい」

会場のお花の色ははおめでたい雰囲気がより出るように紅白で

 

 

このシーンはちょっと見えにくいですが、日本舞踊の名取でいらっしゃるミツトモさんの妹様にお祝いの踊りを舞っていただいているところです

松の絵を描いた舞台に、日本の伝統芸能はいうことなしにピッタリですね

 

 

 

舞台の緞帳が上がり、お二人の再入場です

ミツトモさん、この日はちゃんとエスコートしていらっしゃいます

 

 

ここであまりにも可愛かったので、ミキコさんの手描きの絵もご紹介しますね

このワンちゃんとねこちゃんは席次表のプロフィール紹介に載せる為、ミキコさんがお描きになったものです。ワンちゃんは新郎ミツトモさん、ねこちゃんはミキコさんなのです

 

そしてこちらは鏡開きの後の残ったお酒を入れてお持ち帰りいただく瓶に貼ったシールです。

こちらもミキコさんの手描きです。

ミツトモさんの特技である将棋の台とこま、そしてミキコさんは電車がお好きなので、それらが採用され、そこにワンちゃんとねこちゃんが居るのですなんともかわいいでしょう?

 

更にミキコさんの耳には手作りのイヤリングが

 

 

披露宴はお二人とも遠方からのご親族も多かったので、会食歓談を中心に和やかにお過ごしいただきました

ミツトモさん結びの謝辞で「何を言うか忘れちゃって・・・」という出だして皆さんの笑いを取りつつ、しっかりとお礼の言葉で結んでいただきました

 

ご両親様へ贈呈された記念品も、実はミキコさんが作成されたプリザーブドフラワーのアレンジメント。ミツトモさんはミキコさんのお母様へ、そしてミキコさんはミツトモさんのお母様へお渡しになりました

 

ご両家のお父様にはミキコさんからブートニアのプレゼント。

ミキコさんのお父様は紋服をお召しになっていらっしゃいますが、なんとお父様とお母様が結婚式の時にお父様のご両親様が作ってくださったそうです。

「自分の結婚式以来袖を通したのが初めてで、二度目に着るのが娘の結婚式とはね・・・」とお父様があとで感慨深そうに教えてくださいました。

 

 

皆さんを無事にお見送りして少しほっとしたご様子のおふたり

 

最後にもう1つ手作りの品のご紹介

それはお見送り用のプチギフトです。ミキコさんが持っていらっしゃるのはミキコさん手作りのミサンガ。ラッピングにも手作りのかわいい消しゴム印が押されていました

ミツトモさん・ミキコさん、これからもたくさんの思い出をおふたりで築いて仲良くお過ごしくださいね

 

10月21日 川原神社・京屋

新しい年が始まってもう10日‥

明日は鏡開きですね

今年も飛ぶように過ぎていく予感です

さて本日はさかのぼること3ヶ月程、

2012年の10月21日に川原神社と京屋にて挙式・披露宴をされた

まさよしさんとかえさんを吉浦よりご紹介致します

川原神社にて挙式、めでたくご夫婦となられたお二人

神社から京屋へ移動をして披露宴です

⇓ 下の写真は開宴前の披露宴会場内です ⇓

ウエディングマルシェで挙式・披露宴をプロデュースさせていただく場合、

スタッフは挙式会場と披露宴会場の二手に分かれて朝から準備をします。

挙式会場(神社や教会)はお二人の担当プランナーが準備をし、

披露宴会場のスタッフは、お席札を並べたり、

会場装花のチェック、お料理を出してもらうタイミングなど

色々なことを確認します。

そうして、準備の整った会場にお二人とゲストが到着し、

披露宴スタートです

皆さんが見つめる先には‥

お庭から入場されるお二人の姿

写真ではあまり分からないのですが、開宴は17時

日が落ちてきて、藍色に変わった空と

ライトアップされたお庭の緑、秋の爽やかな風で

とても幻想的な入場となりました

 

お二人はゲストの皆様と同じテーブルを囲み、乾杯

 

ゲストが読んでいるのは、お席札の裏面です

⇓ 拡大したお席札がこちらです ⇓

裏面にはお二人からのメッセージが書いてあるんです

お仕事でお忙しい中、一枚づつ手書きでご用意されました

さて、こちらのゲスト ⇓ がイスの上に立って見ているのは‥。

新郎新婦のおまんじゅう入刀です

もちろん中には子まんじゅう入りです

お二人のご希望は、ゲストの皆様との歓談をメインに楽しめる披露宴に

とのことで、演出は少なめで

会食・歓談にお時間をとれるような進行にしてありましたので、

お酒に強い新郎まさよしさんは‥

飲んで‥

飲んで‥

飲んで‥

飲んで‥

とっても楽しそう

久しぶりに会う、ご家族ご親族の方々と

楽しい時間を過ごしていただけたのではないでしょうか

この後、お二人からのご両親への記念品の贈呈

そしてご両家からの謝辞、まさよしさんからの謝辞で披露宴はお開きとなりました

皆さまをお見送りした後はお庭で写真撮影です

まさよしさんのご家族、ご親族は遠方からお越しになっていて

当日は京屋に宿泊でした

披露宴会場に宿泊できると、ゲストもゆったりできますよね

お二人もお着替えを済ませ、皆さんのお部屋へご挨拶に向かわれました

まさよしさん、かえさん末永くお幸せに‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年11月23日 本願寺名古屋別院・香楽

明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今週末までお休みで、まだゆっくりされていらっしゃる方も多いかと思います。

しっかり心と体の休養をとってくださいね

 

 

さてわたくし原田は、昨日までの休みの最後にコンサートに行ってきました

大好きなソプラノ歌手が、毎年1月3日にあるニューイヤーオペラコンサートに出演せず、名古屋のニューイヤーコンサートに出演ということで嬉々として出かけました

この写真は開演20分前です。この後続々と客席が埋まり、最終的に3階席までほぼ満席になりました。

わたくしの席はこのようにオーケストラの方々を後ろから見下ろす席でしたので、ソリストの演奏中の表情や、オーケストラとソリストのバランスを楽しむことは出来ませんでした。

しかしながら指揮者はこちらを向いて棒を振っているし、オーケストラの方々の中に自分もいて演奏をしているような感じがして、そして出待ちをしているソリストの様子を観察したり、とても面白かったです

そんな休日最終日を満喫したところで、本日より仕事モードで本年も頑張ります

 

 

さて新年最初にご紹介致しますのは、昨年11月23日に仏前式と食事会をされた、ツカサさんとマドミさんです

 

こちらがツカサさんとマドミさんです

お支度が整い、写真撮影中です。この日は朝から静かに雨が降っていたのですが、写真撮影前にあがりました

おっと・・・こちらの式場をお伝えします。

こちらは中区門前町に所在する「本願寺名古屋別院」というお寺です。「西別院」とも呼ばれます。

 

 

写真撮影が終わり、親族紹介中です。

 

 

 

 

ここでマドミさんのヘアスタイルについてお話いたします。

解りやすいように横からのカットを掲載いたします。

マドミさんの髪は腰までぐらいの長さがありまして、この文金高島田はご自身の髪で結ったものです。とっても自然でよくお似合いでした

 

 

 

 

仏前式は和婚が主流の私どもでも年間数えるぐらいなので、皆さんもあまり流れをご存じないと思います。

それでここからは仏前式の流れをご紹介致します。

1 参列者入堂着席

2 行事鐘

3 開式の言葉

4 新郎新婦入堂着席

 

5  司婚者入堂

6 一同合掌礼拝

7 司婚者登礼盤

8 勤行

 

 

9 司婚者降礼盤

10 誓いのことば

11 念珠授与・指輪交換

 

 

 

12 新郎新婦焼香

 

 

13 新郎新婦誓いのことば

 

 

14 司婚者祝辞

 

15 一同合掌礼拝

16 司婚者退出

17 新郎新婦式杯

 

 

18 参列者式杯

 

19 閉式のことば

20 新郎新婦退出

21 参列者退出

という流れでした。

お寺によって少々順番が変わりますが、内容は殆ど変わらないようです。

 

 

そして挙式後に集合写真を撮りました。

しばらく自由にお写真を撮っていただいた後、食事会の会場へ移動です。

 

 

 

 

おふたりが食事会の会場としてお選びになったのは、料亭「香楽」 

そろそろ皆さんが到着されそうです

 

 

全員「香楽」に到着され、 マドミさんは引振袖にお色直しをされました。

そして呈茶室で皆さんとお写真を撮って、食事会のお部屋へと進みます。

 

 

「香楽」の「夢の間」にて食事会が開宴致しました

 

 

ここでおふたりのアップのお写真を

マドミさんは文金高島田から洋髪スタイルにチェンジされています。

こちらもとてもよくお似合いでしたよ

そしてそんな美しい花嫁のマドミさんにツカサさんは大満足のご様子でした

 

 

おふたりはお料理にもたいへんこだわられ、とにかく美味しいお料理を皆さんに召し上がっていただきたいと「香楽」をお選びになりました。

それで本来ならお料理をご紹介したいところですが、たいへん長くなってしまいますので、お料理はまたの機会にしたいと思います

 

お互いの意見を尊重し合い、物事を決めていかれるおふたりは、きっとこれからも仲良く人生を積み重ねていかれることと思います。

ツカサさん・マドミさん末永くお幸せに

結びのカットは、 会食会後「香楽」のお庭にて