わたしたち、マルシェで結婚しました

2013年5月の記事一覧

4月13日針綱神社

5月だというのに冷たい風が吹く日が多いですね

今回は4月13日に犬山の針綱神社で挙式をされました

ゆうすけさんとさちこさんを吉浦よりご紹介致します

お支度が整い、境内で写真撮影です

今年は桜の開花が早かった分、木々の新芽も早く出てきてくれたようで

緑がキラキラして、とてもきれいなお写真を撮ることができました

マルシェでは名古屋市内での挙式を承ることが多いので、

針綱神社での挙式の模様をご紹介する機会はとっても貴重です

できるだけ詳しく記事にしたいと思いますので

犬山で神社挙式をお考えの方はぜひご参考になさってください

さて、お外での写真撮影のあとは綿帽子を角隠しにかえて、和やかにご親族紹介です。

こちらの待ち合い室では、こぶ茶を用意していただけます。

よろこんぶ‥縁起物です

紹介の後は皆さまに靴を履いていただき、本殿横の控殿まで移動します。

↑ こちらの写真でゆうすけさんの視線の先にある物は‥

長い階段

下の写真は本殿近くから見下ろすアングルで撮影した物です。

お二人の着替え室と列席者の待ち合いのお部屋は階段の下の建物にある為、

本殿まで皆さん一緒に階段を上ります

お二人とも楽しそうに登っていらっしゃいますねー

階段を上った後、皆さまには控殿 《下の写真、緑屋根の建物です》 に入っていただき

本殿内の準備が整うのをお待ちいただきます。

お天気がとても良かったので、待っている間もお外で写真を楽しんでいただくことができました

本殿内の準備が整い、神職の案内で靴を脱いで本殿内に入ります。

まずは列席の方が入られます。

この間に、新郎新婦は拝殿にて挙式の説明を受けます。

説明が終わり、気持ちを整えたところで、本殿内へ入場します。

分かりやすく「本殿」と書いておりますが、針綱神社の本殿は正式には「祭文殿」と呼びます。

上の写真は本殿内を進むお二人。

お二人が席についた所を、後ろから見た写真が下です。

写真を見るとお分かりだと思いますが、針綱神社では正座で挙式にのぞみます。

お祓い、祝詞に続き三三九度を行います。

次に立ち上がってご神前へ進みます。

ご神前で正座をし、誓詞奏上。

お二人で向かい合い、指輪の交換。 

使用したリングピローはこちら ↓ご親族の方の手作りで、とてもかわいかったです

次に玉串奉奠、両家ご親族もお二人と一緒にお参りします。 

玉串奉奠の後お二人は最初に座っていた席に着きます。

 

続いて親族杯を行います。

 

お二人の前途を祝福し、ご両家のいやさかを祈念し、皆さまで乾杯をします。

これでお式はめでたく結びとなります

本殿から出て、全員で集合写真

お写真を楽しんだ後は、挙式前に上った階段を皆さまで下りていただきます。

針綱神社は安産や子授けで有名な神社で、この日も参拝の方々が多く

お二人にお祝いの声をかけてくださることも

階段を無事下りた後は、お祝いに駆け付けてくれたご友人と一緒に記念撮影です

ご友人の皆さんは本殿の中には入れないので、

お二人の挙式を外から見守ってくれていました

お二人とも東京に住んでいらっしゃるので、

お会いして打ち合わせをしたのは1度のみで、

細かなお話は電話とメールで進めさせて頂きましたが、

明るく元気なお二人のおかげでとても楽しく準備をさせていただく事ができました

また、挙式当日も両家ご親族のご協力で和やかに結びを迎えることができ

心から感謝しております。

ゆうすけさん、さちこさんこれからも周りの皆さまを笑顔にできる素敵なお二人でいてくださいね

末永くお幸せに‥