わたしたち、マルシェで結婚しました

2016年7月の記事一覧

3月27日 護國神社・志ら玉

皆さんこんにちは

昨日は七夕でしたね。帰宅途中に織姫星と彦星は観えるかな…?と夜空を眺めてみましたがあいにく…(ー_ー)でした。

というか明る過ぎて見えにくいというのもあるようです。

ふと実家の夜空の夏の大三角形や天の川が思い出されました。街灯もなく真っ暗なので星ってこんなにあるのかというくらいそれはそれはよく観えるのです

あっ、皆さん、今  どんな田舎だーーーって思ってるでしょ(*^^)v

さて本日は3月27日に結婚式と食事会を挙げられたおふたりをご紹介致します。

こちらはこのブログでも度々ご紹介しております「愛知縣護國神社」

桜の花が満開とまではいっていませんでしたが固いつぼみ、咲きそうに膨らんでいるつぼみ、開いているお花、いろいろあり楽しめる頃でした

 

こちらが本日ご紹介するおふたり、マサノリさん・ミナコさんです

お支度が整い、境内の中でロケーション撮影中です。

ミナコさんの白無垢姿は赤い色がポイントになり、スタイリッシュでとても美しいです。

赤の色は単なるオシャレとしてではなく古来より魔よけの意味もあるそうですよ。

そういえば赤い鳥居の神社もありますし、巫女さんの袴、お祝いにつきものの赤飯・・・赤には力がありますね

桜のトンネルの中花嫁行列

神前式がはじまりました。

 

 

三三九度

 

続いて指輪の交換の様子

和装のお嫁さんによくあるのですが、ミナコさんもやはりいつもより着付けで締めているので、指輪が入りにくいのかな・・・?(左の写真)

マサノリさん右手を振り上げ気合を入れて(中央の写真)

あ、無事にミナコさんの左の薬指に収まったようです。マサノリさん、よかったですね(右の写真)

この様子を列席の皆様も笑顔で見守っていらっしゃいました!(^^)!

浦安の舞

 

挙式を無事に結び、マサノリさんよりお礼の言葉が述べられました。

マサノリさん、堂々とお礼と決意を述べられましたが、なかでもミナコさんを大事にしていかれる思いが伝わり男らしくてとてもかっこよかったです

集合写真・・・皆さんいい表情をされていました

集合写真のあとはグループ写真もたくさん撮りました。

参列の方のお子様のカメラに応えてポーズをとるミナコさん

後ろから髪形の写真のアップもご覧ください。お花はもちろん生花です

 

 

 

ここからは食事会の会場である「志ら玉」

3月は2組のご両家様にご利用いただきました。

護國神社からは車で20分ぐらいでしょうか。

 

 

和装でお写真を撮った後、おふたりは洋装にお色直しして食事会に臨みます。

ミナコさんが変身されていく様子をマサノリさんはお写真を撮ったり、時にはミナコさんが噴き出すような面白いことを言ったりしながらお待ちいただきました

おふたりとも仕上がりました。

ミナコさんの美しいこと

マサノリさんもこれぞ婚礼のタキシードだぞーという感じではなくさりげなくオシャレなタキシード姿で、ミナコさんとピッタリ(^o^)/

皆様がお待ちかねのところにおふたりが入場

 

 

前菜

食事会はご親族様のみで、会食と歓談に重点を置かれたかったおふたりでしたが、ケーキ入刀だけは入れました。

お食事のラストに皆様にも召し上がっていただきました

お話しも弾んでいいお時間が流れます

マサノリさんにビールを注いでくださっているのはマサノリさんのお父様。いいですね、男同士の父から息子へ(左のお写真)

姉妹のようにミナコさんとそっくりでおしゃれな方はミナコさんのお母様。(右のお写真)

 

食事会中ではありますが、ちょっとおふたりにお願いしてお写真タイム。

和の会場でもこんなに洋装がマッチしているのはおふたりのセンスが素晴らしいからですよね

 

食事会の結びにミナコさんからはお手紙を添えておふたりからご両親へ記念品の贈呈

お父様・お母様がたはとてもうれしそうにしていらっしゃいました

 

明るく陽気なマサノリさんと笑顔で見守るミナコさん、これからも仲良くお幸せにお過ごしくださいね

第112回人気のかつら・洋髪衣裳体験会

人気で無料の洋髪・かつら・衣裳体験会

かつらが似合うか心配を解消できるイベントを

7月31日(日)11:00~ 開催

是非参加お待ちしています。(要予約・無料)

日程が合わないお二人にはご希望の日程に合わせて体験していただけます。

052-264-0304

かつらは体験していただくと、思ったより良かったという方が多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月26日 レトワールドゥジェアン

この夏は猛暑の夏という情報もあり、すでに梅雨が明けたかのような暑さですね

皆さん暑さ対策と疲れをためないようお気をつけください

さて本日は3月26日に結婚式とパーテイーを挙げられたアツヒコさん・メイコさんをご紹介致します。

(この日は写真をあまり撮ることが出来ず申し訳ないです<(_ _)>)

この日アツヒコさん・メイコさんは覚王山にある教会でキリスト教式を挙げ、皆さんと共にこちらの会場に移動していらっしゃいました。

こちらの会場は千種区のフレンチのレストラン「レトワールドゥジェアン」

フランス・アルザス地方の建築を意識して建てられた店内はアンティークの家具や調度品でまとめられています。

あるコンサートホールで使用されていたというグランドピアノもあり、披露宴で生演奏を入れたいという方にはとてもお勧めです

アツヒコさん・メイコさんのおふたりはゲストとふれあう時間をたくさん持ち、美味しい食事を一緒にしたいという事が第一のご希望でした。

そこで進行は披露宴形式ではなく高砂席も設けず会食歓談を中心にされました。

 おふたりでゲストの皆様一人一人をご紹介

 こちらはガーデン

水の音が心地よい噴水や石の像があり、中世のヨーロッパのような雰囲気

 ここでケーキ入刀

 フルーツをふんだんにトッピングしたケーキはとても華やかでおいしそうでしょ

 佐伯シェフのお料理は「身体に優しいフレンチ」で定評がありますが、アツヒコさん・メイコさんは試食やシェフと直接お料理の相談もされました。

そうしてふるまわれた当日のお料理やケーキはゲストの皆様にとても喜んでいただけました

おふたりより、想い描いていらっしゃったような一日を過ごすことが出来たという言葉をいただき本当によかったです(^^)

アツヒコさん・メイコさん、これからも仲良く末永く幸せにお過ごしくださいね