わたしたち、マルシェで結婚しました

4月20日 川原神社・志ら玉

みなさんこんにちは

しばらくご無沙汰している間に早くも梅雨にはいりました。

通勤途中の紫陽花も時期が来たのを感じているようです

 

本日は4月20日にお手伝いをさせていただいた結婚式と食事会の様子を、原田よりご紹介致します

 

ここはこのブログでも度々ご紹介している「川原神社」

地域の住民の方々にも愛され続けているアットホームな神社です。

毎月3と8がつく日には「さんぱち市」という市がたちます。

新鮮な食材が手に入りますよ

 

 

支度が整いいよいよ花嫁行列で参進

 

挙式中(巫女の舞)

 

 

挙式を結び鶴シャワー

皆様に祝福されて幸せいっぱいのおふたり

 

 

とにかくご友人に恵まれているおふたり

たくさんのご友人がかけつけてくださいました。

女性のご友人の方もドレスアップして列席していただいたので、とても華やかです

 

 

おふたりが食事会の会場としてお選びになったのは、「御懐石 志ら玉」

古い商家や田舎家、茶室などを移築した亭内は江戸時代を思わせる趣き

 

会食中の様子

挙式にかけつけていただいたご友人とは二次会でまたお会いすることにして、食事会はご親族中心に和やかに会食歓談をお楽しみになりました。

自分達が高砂席にいて、目立つのはちょっと…とお考えになったおふたりでしたので、お席は1本の流しのレイアウトにしました。

 

皆様と楽しく歓談中の新郎ヨウスケさんと新婦マリコさん

 

この日の旬の一品

琵琶湖でとれた稚鮎のお料理は3月から5月限定なんだそうです。

 

挙式では白無垢をお召しになっていた新婦のマリコさん。

食事会ではあでやかな黒引き振袖にお色直しをされました。

新郎のヨウスケさんツーショットでないのが残念です。

おふたりはこの後二次会へと出発されたのでした。

神社にお越しいただいていたご友人も含めかなりのご友人が集まってくださったとか・・・

これからもたくさんのご友人やご家族ご親族に見守られて、末永くお幸せに

 

 

ここでこの日はじめて「志ら玉」で発見したもの・・・

ゲストの皆様には目に触れない側の襖にこのような絵が描かれていました。

なんだろうと伺ったところ、茶事で使用する茶釜の絵と説明書きでした。

志ら玉さん所有の茶釜で、店主の方がお描きになったとのこと・・・すごいです

 

こちらも新発見

襖に貼られた洋画…こちらはスペインの画家の作品だそうです。

和のしつらいの中に何故かしっくり馴染んでいました。

ではまた次回をおたのしみに・・・