わたしたち、マルシェで結婚しました

和やかな前撮りの一日

皆さん、こんにちは

三連休の最終日をどのようにお過ごしでしょうか?

 

さて本日は10月5日の婚礼前撮りの様子をご紹介致します(^^)

前撮り会場として人気が高いのが桑名市に所在する「六華苑」

山林王と呼ばれた桑名市の実業家 二代目諸戸清六さんの邸宅として大正時代に建てられた建造物です。

鹿鳴館などを設計したジョサイア・コンドルさんの設計で広大な敷地の中に日本庭園・洋館・和館・蔵などがあります。

現在は桑名市の所有で一般に公開されています。是非一度訪れてみてほしい会場です

 

9時の開場と共に準備が始まり、お昼前から撮影も開始

まずは和館にて和装から

 

 

 

ご家族もいらっしゃって和やかな雰囲気の中おふたりも笑顔がこぼれます

この日のカメラマンは近藤社長、もうずいぶん前から「もういい加減に現場は若い者に任せたいんだわ~」と何度聞いたかと思うのですが、年齢なんて感じない動きと軽快なリズムでシャッター音(笑)

色打掛にチェンジして撮影は続きます

池側の広いお庭の方に出ました。

 

 

和装を撮り終えたところでお昼休憩を入れてその後洋装のお支度をしました。

洋装お支度が整い洋館の一階・二階と移動しながら室内での撮影

その後ベールを外してお庭に出て撮影をしました。

本日掲載している写真は私がスマホで撮影した写真なので上手に撮れていないので洋装は1枚だけです<(_ _)>

洋装姿もかなり撮影して終了したのは16時、近藤さんはいったい何回シャッターをきったのでしょうか・・・?(笑)

おふたりも慣れないことでお疲れになったとは思いますが、よいお写真がたくさん撮れていると思います

ご家族の皆様方もお疲れ様でした。

今週末はいよいよ挙式・披露宴、又その様子もご紹介したいと思っています。お楽しみに