わたしたち、マルシェで結婚しました

平成31年2月9日 神前式とレストランウエディング

皆さんこんにちは(^^)

平成もあと残り少なくなって参りましたね~

新しい元号はもう皆さんもご存じの通り「令和」。

発表される40日ほど前のある神社の梅の花のPICから本日のレポートは開始です

この梅ですが名古屋市千種区の「上野天満宮」の境内に咲いていた梅です。

2月9日この日の挙式はここ「上野天満宮」で行われました。

「上野天満宮」といえば菅原道真公にゆかりのある神社ということで、道真公が好きだったとされている梅の木が植えられています。

天才学者だった道真公が決して派手ではなく楚々とした佇まいの梅がお好きだったというのは何となくわかる気がしますねヽ(^o^)丿

 

 

この日の主役のおふたり、マサハルさん・アリサさんです

神社の中にある控室でお支度を整えられて早速写真撮影をされました。

境内のあちらこちらに並べてあるお人形はおみくじなのですが、道真公をキャラクター化したかわいいパッケージです

他の神社さんのように狛犬さんももちろんいるのですが、「上野天満宮」には牛さんも参道の両サイドにいます。

忠義心が強かった牛さんに守られたことがあり、道真公は自分の亡骸は牛にひかせてほしいと言い残し、その通りにしたら牛さんが動かなくなったところに太宰府天満宮が建てられたとか・・・

諸説ありますので興味のある方は検索してくださいね(*^^)v

あっ、そしてこの牛さん何だかカメラ目線でかわいいんですよ

 

「上野天満宮」には拝殿が2つあるのですが、この日は「晴明殿」で挙式が行われました。

その名の通り陰陽師の阿部晴明一族がこの地に住んだ折に道真公をお祭りされたのがこの上の天満宮の起源と言われています。

花嫁行列で参進して挙式が始まりました。

自然光が入り明るくて近代的な拝殿です。

 

 

 

 

披露宴はこちら主税町にあります、「ラ・グランターブル・ドゥ キタムラ」で行われました。

天井が高く調度品も重厚で高級感があります

 

お申し込みの際から鏡開きだけは絶対にやりたいとおっしゃっていたおふたり

 

キタムラさんといえば何と言ってもお料理が美味しいことで有名です。

ゲストの皆様も楽しみにいらっしゃったと思います。

 

美味しいお料理と歓談をメインに和気あいあいと進んだ披露宴の結びです。

ご挨拶のあと皆様のお席に今一度お礼を伝えて回られました(*^^)v

皆様からたくさんの祝福を受けられたおふたり

おふたりらしい平和な家庭を築いていかれることと思います。

末永ーくお幸せに