わたしたち、マルシェで結婚しました

平成24年10月13日 川原神社・八勝館

皆さん 寒い日が続いておりますがいかがお過ごしですか?

風邪やインフルエンザが流行っているようですよ

というのも実はウエディングマルシェのプランナー吉浦もインフルエンザにかかってしまったのです

スタッフの中で一番の元気者で、インフルエンザも風邪も寄り付かないようにみえるのですが意外にデリケートなんですよ

まあ最近体重が増えたことを気にしていましたので、数日後にはちょっとスリムになった吉浦に期待しています

皆さんもかからないように予防してくださいね

 

さて本日は昨年10月13日に神前式と披露宴を挙げられたミツトモさん・ミキコさんを原田よりご紹介致します。

挙式会場は大人気の川原神社

ミキコさんは最初に角隠し姿でお写真を撮り、その後挙式の前に綿帽子に替えました。

 

 

挙式中です。雅楽の生演奏と巫女さんの舞に列席者の皆さんも真剣に観入っていらっしゃいます

 

新婦のミキコさんはこの日の為にいろいろな物を手作りされました。

まずはその中の1つ、リングピロー。

ご自身で編んだミサンガがあしらわれています

 

 

 

 

めでたく挙式を結び、こちら披露宴会場は「八勝館」です。

まずはお二人で鏡開き。

「よいしょ」という皆さんの掛け声と共に開きました

 

鏡開き後は、その樽酒で「かんぱーい」

会場のお花の色ははおめでたい雰囲気がより出るように紅白で

 

 

このシーンはちょっと見えにくいですが、日本舞踊の名取でいらっしゃるミツトモさんの妹様にお祝いの踊りを舞っていただいているところです

松の絵を描いた舞台に、日本の伝統芸能はいうことなしにピッタリですね

 

 

 

舞台の緞帳が上がり、お二人の再入場です

ミツトモさん、この日はちゃんとエスコートしていらっしゃいます

 

 

ここであまりにも可愛かったので、ミキコさんの手描きの絵もご紹介しますね

このワンちゃんとねこちゃんは席次表のプロフィール紹介に載せる為、ミキコさんがお描きになったものです。ワンちゃんは新郎ミツトモさん、ねこちゃんはミキコさんなのです

 

そしてこちらは鏡開きの後の残ったお酒を入れてお持ち帰りいただく瓶に貼ったシールです。

こちらもミキコさんの手描きです。

ミツトモさんの特技である将棋の台とこま、そしてミキコさんは電車がお好きなので、それらが採用され、そこにワンちゃんとねこちゃんが居るのですなんともかわいいでしょう?

 

更にミキコさんの耳には手作りのイヤリングが

 

 

披露宴はお二人とも遠方からのご親族も多かったので、会食歓談を中心に和やかにお過ごしいただきました

ミツトモさん結びの謝辞で「何を言うか忘れちゃって・・・」という出だして皆さんの笑いを取りつつ、しっかりとお礼の言葉で結んでいただきました

 

ご両親様へ贈呈された記念品も、実はミキコさんが作成されたプリザーブドフラワーのアレンジメント。ミツトモさんはミキコさんのお母様へ、そしてミキコさんはミツトモさんのお母様へお渡しになりました

 

ご両家のお父様にはミキコさんからブートニアのプレゼント。

ミキコさんのお父様は紋服をお召しになっていらっしゃいますが、なんとお父様とお母様が結婚式の時にお父様のご両親様が作ってくださったそうです。

「自分の結婚式以来袖を通したのが初めてで、二度目に着るのが娘の結婚式とはね・・・」とお父様があとで感慨深そうに教えてくださいました。

 

 

皆さんを無事にお見送りして少しほっとしたご様子のおふたり

 

最後にもう1つ手作りの品のご紹介

それはお見送り用のプチギフトです。ミキコさんが持っていらっしゃるのはミキコさん手作りのミサンガ。ラッピングにも手作りのかわいい消しゴム印が押されていました

ミツトモさん・ミキコさん、これからもたくさんの思い出をおふたりで築いて仲良くお過ごしくださいね